スポーツ庁が推進する健康経営

健康経営に関してスポーツ庁では、下記のような見解がまとめられています。

スポーツ庁は、運動不足の会社員が通勤や昼休みの時間に運動するよう促している。生活習慣病を予防し、長期的には医療費の抑制にもつなげたい考えだ。

事実、健康経営の導入はたくさんの企業ですすめられています。

都内で働くビジネスパーソンに聞きました!

  • 日頃、運動を必要と感じていて実際に運動を行うことができていますか?

  • 必要とは思っていますが、できていません。

    企業によっては職場にトレーニング器具を置くなどをして従業員に運動の実施を促進している会社もありますが、実際の所それらの器具は稼働していないことが現実です。

  • 運動ができていない主な理由はなんですか?

  • 日々の忙しさの中で仕事を優先するあまり、どうしても疎かになってしまう。

    事実、ビジネスマンの60%以上は職場での運動不足を訴えています。

Co-nectならできます!仕事の生産性をあげることができる3つの理由

脳神経科学・理学療法に基づいた独自のMethod

Co-nect Methodは、脳神経科学に基づいて理論構築を行い、リハビリ治療や世界で活躍するトップアスリートと向き合う理学療法士の監修のもと、「脳の生産効率を最大化する運動」のプログラム化を図っております。

仕事と運動を無理なく両立させる"ワークネス"と呼ばれる方法論

ワークネスとは、「ワークに支障を来さずさらに生産性を上げる、極限まで短縮された運動時間で、最大の生産性の向上を実現するための方法論」です。超短時間で最大効果を生み出すからこそ、仕事中に導入が可能となります。

コネクトトレーナーが貴社を訪問してトレーニングを実施します

ワークネスのプロであるコネクトトレーナーが貴社を訪問し、導入法をレクチャーした上で、実際にトレーニングを実施します。

導入のメリット

健康経営の取り組みとして実施

独自の運動プログラムと仕事をノンストップで繰り返し行うことで
貴社の社員の仕事におけるパフォーマンスを最大化します。

脳の生産性向上への効果

スーツでも行うことができる気軽な運動を行う事で社内のコミュニケーションの活性化を測ります。
各チームや事業部ごとに取り入れてみてはいかがでしょうか。

身体機能向上への効果

継続して運動を行うことで即時的に強度の高い運動を行うことと同等のトレーニングを実施することができます。

導入の形態

従業員数、オフィスの間取り、その他各種事業体に合わせて適した導入形態をご提案させていただいております。

自席実施型

貴社のオフィスのワークスペースはそのままにコネクトトレーナーが出張で貴社オフィスに訪問致します。

フィットネスゾーン設置型

貴社のリフレッシュスペースやコミュニティスペースなどの空間をお借りして、一時的にフィットネスゾーンとさせて頂きます。

オープンスペース型

ビルのエントランスなどのオープンスペースでの導入を行うことで、社内の交流はもちろん、他社との異業種の交流も実現致します。

お申込み方法

  • 法人会員申し込みフォームを記入

    下記フォームより内容をご記載の上、送信してください。

  • 入会条件の確認

    本契約の条件を満たしているかの確認をします。

  • 弊社よりご連絡

    ご契約条件に見合わない場合にはご連絡は差し上げませんので、予めご了承くださいませ。

  • 利用開始

お申込みフォーム

こちらのフォームにご入力頂いた宛先に弊社スタッフが一度伺わせていただきます。

Loading...