「夜型」の人が努力しても、決して「朝型」になれない!?スーパーフレックス制度のメリットとデメリット

英国人のうち約3分の1が、自分のことを「夜更かし」であると認めています。つまり、夜のほうが物事をてきぱきとこなせるというのです。

その仲間に、ウィンストン・チャーチルやマルセル・プルースト、エルヴィス・プレスリーも名を連ねるでしょう。だからといって、目覚まし時計が朝に鳴ってもなかなか起き上がれない苦しみを和らげてくれるわけではないのですが──。

『Nature Communications』にこのほど掲載された新たな研究結果は、あなたを朝きちんと起きられる人に変えるまでの力はないでしょう。しかし、なぜ朝型人間と夜型人間にわかれるのか、その謎を解く手がかりを与えてくれます。研究結果によると、朝型人間と夜型人間の違いは「何をしているのか」ではなく、遺伝子によって決まるのだといいます。

これはすでに、ある程度わかっていたことです。過去の研究では、人間の体内時計を制御する遺伝子が計24個あることがわかっています。体内時計とは人間の体内で起きる睡眠と覚醒のサイクルのことで、「概日リズム」とも呼ばれています。

そして3人の生物学者が2017年、体内時計をコントロールする時計遺伝子「Period」を発見し、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。Periodは、あるタンパク質を夜間につくることで、「眠る時間だ」と知らせてくれます。そして日中になると、この活性が低下します。

 

時計遺伝子と朝型人間

Periodは24個とされた時計遺伝子のひとつでしたが、今回の研究によってこの数は351個になりました。英国のエクセター大学医学部で生命情報科学を専門とし、この研究を率いたマイケル・ウィードンは次のように話しています。

「もっている時計遺伝子の数によって、朝型の度合いが決まります。研究からわかったことは、351個ある時計遺伝子のうち最も多くもっている上位5パーセントの人は、最も少ない下位5パーセントの人と比べて、平均で25分早く眠りにつくということです」

言い換えると、早く眠りにつきたくなる人も、夜に能率が上がると感じる人も、すべて351個の遺伝子で決められています。このため本人にはどうしようもない、ということなのです。

なお、この研究では新たな遺伝子の発見だけでなく、こうした遺伝子が活性化される可能性の高い体の部位にも焦点を当てています。

論文の執筆者でエクセター大学医学部に所属するサミュエル・ジョーンズによると、体の部位によって組織の種類は異なるのだといいます。そのうえで、すべての組織にはすべての遺伝子が含まれているのだと説明します。一方で、すべての組織において、すべての遺伝子が活性化しているわけではないともいいます。

「概日リズムに関連することを突き止めた遺伝子は、脳と網膜で活性化されている傾向がみられました。この傾向のおかげで、朝型人間や夜型人間を生み出す際に、体のどの部位が重要なのかがわかったのです」と、ジョーンズは話します。「こうした遺伝子が脳内で活性化されているという結論は、驚くに値しません。脳が体の“マスタークロック”であることは周知の事実だからです」

体内時計のメカニズム

厳密に言うと、視床下部の視交叉上核(suprachiasmatic nucleus:SCN)と呼ばれる領域にマスタークロックがあり、ここで時計遺伝子が活動しています。視交叉上核には“振り子”があって、これが周囲の環境から放たれるさまざまな信号を受け取り、1日のうちでいま何時かを体に“セットする”と考えられています。

視交叉上核が受け取る信号のひとつは光です。例えば、網膜が「夜だ」と信号を送ると、脳はメラトニンと呼ばれる眠りを誘うホルモンを分泌します。

ウィードンとジョーンズの研究で、朝型人間の遺伝子が網膜に集中していることがわかったのは重要です。光の信号を処理するメカニズムや、その結果「寝る時間だ」と体に信号を送る(あるいは送らない)仕組みは、本質的に遺伝子によって決められています。

この研究で発見されたふたつの遺伝子には変異が認められたが、これが光を検知するメカニズムを変えた可能性があります。

「光の量を使って体内時計が学習することはわかっていました。でも、朝型人間と夜型人間では光の量を検知するメカニズムが異なることまでは解明されていなかったのです。この事実は、光の量を検知するメカニズムの違いが根本的なレヴェル、つまり遺伝的レヴェルで起きている可能性を示しています」とジョーンズは語っています。

夜型とメンタルヘルス

つまり、夜型か朝型かをコントロールする術を、わたしたちはもっていません。それが、この研究結果の興味深い点といえます。なぜなら、夜型の生活を送ることは、うつ病や統合失調症といったさまざまな精神疾患に広くかかわっているとされているからです。昨年の報道によると、うつ病や双極性障害になる確率や孤独感にさいなまれる確率は、いずれも夜間に活動量が多いと報告した人たちに高い傾向が見られました。

とはいえ、これは「卵が先か、ニワトリが先か」という状況であるようにも思えます。精神面における健康の問題が睡眠パターンを乱すのか、あるいは睡眠パターンが乱れることから精神面における健康の問題が生じるのか──。

「遺伝子が常に先です」とジョーンズは話します。「そこで、概日リズムと病気との関係において、どちらが原因であるかを理解することができました」

もちろん、必ずしもそうとは言い切れない部分もあります。統合失調症などの病気の場合、この病気自体に遺伝的な要因もあるからです。しかしながらジョーンズは、人は遺伝的に朝型人間あるいは夜型人間になりやすく、そしてこのことが精神面における健康を害するリスクに影響していることは、ほぼ確実だと言います。

遺伝子には逆らえない

今後は、ライフスタイルと遺伝的傾向のミスマッチによって精神疾患が生じる可能性があるかどうかに目を向けるべきでしょう。朝型の遺伝子をもつ人は、現代社会で言うところの朝9時から夕方5時までを軸としたライフスタイルに適応しやすいという点において、ジョーンズとウィードン双方の意見は一致しています。

自分の遺伝子に逆らうことが精神的にいいはずはないのです。そして、これを確かめるのが、研究者の次の課題となる予定であります。

将来的には、定時ではない時間帯で能率が高まる人がいるという事実を踏まえて、より柔軟なフレックスタイム制の導入を正当づけることができるでしょう。生産性を高めるだけでなく、働く人の精神面における健康を促進することにもつながります。

とはいえ、これはまだ長期目標です。だから、個人の体内時計の特性を評価するミュンヘンクロノタイプ質問紙(Munich ChronoType Questionnaire: MCTQ)に飛びつくのは少し気が早いです。ちなみにウィードンによれば、MCTQは朝型人間か夜型人間を見極められる「金字塔」といえる評価方法です。

自分が朝型か夜型かを判断する最適な方法は、自身の気持ちに意識を傾けることだと、ウィードンは言います。毎日オフィスで眠気と戦っている午後3時に、罪の意識にさいなまれることなく昼寝できる日が近づいているかもしれません。

 

そこで、最近話題の新たな制度に注目してみました。

スーパーフレックス制度とは

従来のフレックス制をもとに、より自由度を高めた勤務形態

スーパーフレックス制度はまだ日本で始まったばかりで、企業によって細かい基準は異なります。

共通するのは「自分で働き方を決められる」という点で、定められた月間の労働時間の基準を満たせば、出社時間や退社時間を自分の都合で決められるという制度にしている企業が多いようです。

中には、出社の必要もなくリモートワークでの業務がスーパーフレックス制度で認められているという企業もあります。

フレックスタイムとの違いは、コアタイムの有無

フレックスタイム制を導入している企業は多いですが、フレックスタイム制には、自由に働ける「フレキシブルタイム」と、必ず出勤していなくてはならない「コアタイム」があるのが特徴です。

自由度が高い働き方といっても、コアタイムには必ず出社している必要があるため、十分にフレックスタイム制の恩恵を受けられない従業員もいました。

スーパーフレックスタイムは、フレックスタイム制度のコアタイムを無くしたものです。必ず出社しなくてはならない時間が存在しないため、いつでも好きな時に出社と退社ができます。

従業員の自主性に任せるため、勤怠管理の徹底や業務計画の共有などの整備が必要ですが、少しずつ大企業でも取り入れられ始めてきました。

働く場所、働く時間を自由に決められる

スーパーフレックス制度は、従来のフレックス制度からさらに踏み込んで、働く時間や働く場所まで自由に自分で決められるという画期的な制度です。

今はまだ導入している企業も少なく実験段階ではありますが、既にスーパーフレックス制度を取り入れ、社員の生産性の向上に役立てているというところもあります。

従業員それぞれが自由に出勤時間を決められるため、スーパーフレックス制度を取り入れている企業の多くは、GoogleカレンダーやSlackなどのツールを活用し、リアルタイムでの情報共有を行っています。

欧米の企業では既にスーパーフレックス制度を活用し、時間や場所に関係ないフレキシブルな働き方が浸透しています。

日本の企業でも、スーパーフレックス制度を取り入れるところが今後増えてくるでしょう。

 

スーパーフレックス制度が取り入れられる背景

働き方改革推進において、生産性向につながる働き方を目指すため

日本はかねてから少子高齢化が大きな社会問題となっています。女性は家庭を守り、男性は大黒柱となって長時間働くという家族像はもはや過去のものとなりつつあります。

高齢者が増加する半面、働き手となる年代が減少することで、働き方そのものを見直さなくてはならない時代がやってきました。

そこで、政府は官民一体となっての働き方改革を始めました。育児や介護と仕事の両立、女性や高齢者でも働きやすい環境の整備などをすすめ、短時間労働でも生産性の高い働き方をできる社会を目指しています。

ブラック企業や過労死の問題が深刻化したことで、世の中全体の流れも変わってきています。「会社のために尽くす」のではなく、「好きなこと」「プライベート」「家庭」など、個人が重要視するものを尊重する方向へシフトしています。

今は、自分らしく働ける企業が優良な企業といわれる時代になってきました。スーパーフレックス制度の導入などで勤務形態を見直し、従業員の負担をより少なくするように、各企業が工夫を凝らしています。

 

スーパーフレックス制度を取り入れるメリット

自由度の高い働き方ができることで、企業にとっても従業員にとっても双方にメリットがあります。

多様な働き方の実現

従業員の中には、育児や介護など、さまざまな事情を抱えている人がいます。子供の送り迎えや通院の付き添いなどをしつつ、会社で定められた勤務時間通りに働くというのは難しいでしょう。

スーパーフレックス制度を導入することで、家庭の用事を済ませてから出社したり、子供のお迎えのために早めに退社したりということが自由にできるようになります。

在宅勤務が可能なスーパーフレックス制度を導入している企業なら、具合が悪くなって休んだ子供の面倒を見つつ、自宅で作業をするということも可能です。

労働時間の長時間化を防ぐ

これまでの働き方では、所定の時間をこえてからの勤務は残業となりました。スーパーフレックス制度なら、遅い時間に予定がある場合、その分朝の出社時間を遅らせて調整するということが可能になります。

無駄な残業時間を減らすことができるので、企業にとっても残業代の削減など、メリットが大きいです。

生産性向上につながる

朝晩の通勤電車や残業などの長時間労働は、疲労やストレスとなり従業員のパフォーマンスを低下させます。

自分で好きな時間に出退勤の時間を選べるスーパーフレックス制度は、自分にとって無理のない働き方ができます。

そのため、常に自分の最高のパフォーマンスを発揮しやすくなり、生産性の向上を後押しします。

優秀な人材確保につながる

優秀な人材を確保するのは、企業にとって重要な課題です。特に、能力のある人材が育児や介護で離職せざるを得ないというケースは増えています。

スーパーフレックス制度で柔軟な働き方ができるようにすれば、それが企業のアピールポイントとなります。

 

スーパーフレックス制度のデメリット

スーパーフレックス制度はメリットの方が注目されやすいですが、もちろんデメリットもあります。

社内のコミュニケーションが低下する

それぞれが好きな時間に働けるため、社員同士が社内で直接顔を合わせる機会が減少します。

コミュニケーション不足はあらゆるトラブルの原因となります。情報共有の仕組みを整備して、対面せずともコミュニケーションがとれる仕組みを構築するのが重要です。

取引先とのやり取りに支障が生じる

一般的な日本の企業は、9時から営業を開始しています。しかし、スーパーフレックス制度では、何時に出社しても構いません。

もし取引先から連絡があった時に、担当者が出社しておらず不在という事が続くと、社外からの信用を失いかねません。

特に、営業や広報など社外の取引先とやり取りすることが多い業務は、スーパーフレックス制度が逆にマイナスに働く場合もあります。

 

スーパーフレックスを取り入れている企業事例

日本の大企業の中にも、スーパーフレックス制度を取り入れている企業が増えてきました。具体的な企業事例をいくつかご紹介します。

ソフトバンク株式会社

スーパーフレックスタイム制を導入している企業のなかでも最も有名な企業といえばソフトバンクです。

これまであったコアタイムを廃止し、完全なスーパーフレックスタイム制を取り入れました。個別の業務状況に応じて自由に就業日や就業時間を決められるなど、1万人を超える従業員がフレキシブルに働いています。

味の素株式会社

味の素も、ソフトバンクと同様にコアタイムを作らないスーパーフレックス制度を導入しています。

社外との打ち合わせや会議の予定などはあらかじめ部署内で情報共有しておき、必要に応じて勤務時間をずらすことが可能です。

株式会社ユーザーベース

「SPEEDA」や「NewsPicks」などのサービスを提供している株式会社ユーザーベースで歯、勤務時間だけでなく、働く場所も自由にした「出社の概念がない」スーパーフレックス制度を持っています。

GoogleカレンダーやSlack等で情報共有をしながら自由に働くことで、全社員がこれまで以上に生産性の高い働き方ができるようになりました。

アメリエフ株式会社

遺伝子解析に関するシステム開発などを行っているアメリエフ社は、従来のフレックスタイム制からコアタイムを廃止し、スーパーフレックスタイム制を取り入れました。

部署に関係なく全社員が対象で、クラウド勤怠管理システムを導入して勤怠を管理し、自分以外の勤怠情報を知ることができます。

そのため、打ち合わせが必要な場合の調整などもしやすく、スーパーフレックスタイム制の課題だったコミュニケーションの低下を回避しました。

花王株式会社

家庭用品などで有名な花王では、これまで10時から15時のフレックス制を導入していました。

しかし、コアタイムがあることで結局他の時間にしわ寄せが行ったり、海外とのやり取りがある部署は夕方以降に業務が集中することが多かったため、結果的にコアタイムの存在が重荷になっていました。

今では好きな時に出勤して休める制度が整っているため、コアタイムがあった時代に比べ、業務の時間的比較が自由になりました。

株式会社ポッケ

WEBのコンテンツ作成などを中心に行っている株式会社ポッケでは、2018年3月からコアタイムなしのスーパーフレックスタイム制を取り入れました。

当月定められた労働日数さえクリアすれば、1日の中でいつ出社しても、短時間勤務でもOKという働き方です。

現在は正社員のみに適用されていますが、子供の送り迎えや急な発熱、介護の付き添いなど、どうしても休めないという時に有効です。

 

スーパーフレックス制度で多様な働き方を実現

制度を始めるだけでなく、目的に沿った運用を

スーパーフレックス制度は、出社時間や場所と個人の裁量に任せることで、従業員の生産性を高めるのが目的です。

働き方改革を推進している日本政府にとっても、自由な働き方が可能なスーパーフレックス制度は非常に注目すべき制度です。

今後さらにスーパーフレックス制度を取り入れる企業が増えてくるでしょう。社員の適切な勤怠管理などの課題もありますが、うまく取り入れることができれば、企業にとって何かと役立つでしょう。

 

 

 

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂

Co-nect神楽坂アクセスマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。
詳しくはこちら

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。
詳しくはこちら

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加