『集中力開眼』ここぞというときは、指をグルグル回そう!

人生の分かれ目、大事な勝負の時、受験やプレゼンなど、ここぞという時の瞬発的に集中力を上げる方法をお教えします!

脳の働きと密接に関係しているといわれる指を回すことで脳を活性化し、集中力アップなどの効果が期待できるのが「指回し体操」。提唱者である栗田昌裕先生によると、そもそもは自らが運営する速読教室で読書速度が遅い生徒に多く共通していた“手先が不器用”という特徴に着目し、考案した訓練法なのだといいます。

「さまざまな効果がありますが、ここぞというときに集中力を高める方法として使えます。簡単で、即効性があり、回したら回しただけ“ご利益”があります」(栗田先生)

「指を回すだけ」と聞くと、本当なのだろうか、と疑ってしまいますが、栗田先生は数万人もの受講生でその即効性を確認しています。2分半(各指30秒ずつ)の指回し体操をしただけで、多くの人は計算力が1割アップ、読書速度が2割もアップするといいます。費用も、場所も、道具もいらず、効果は大きい指回し体操。早速、基本テクニックを教わりましょう。

指を回す前の「基本形」づくり

「まずは、基本となるドームをつくります。親指と小指で輪っかをつくるようにしてから両手の指先をすべて合わせます。イメージは地球儀、半球のようにふんわりとした形をつくってください。このときに指を真っすぐにして、ピラミッドのような形にしてしまう人が多いので注意してください。親指から順に、それぞれの指の対が互いに触れ合わないように回します。肘は脇のほうに持ってきて、指を回す位置は心臓の下あたりです。時間で行う場合は各指30秒、全部の指を回せば2分30秒になります。回数で行う場合は、各指20回が基本です」

いざ実践してみると、なかなか難しいです。とくに薬指は難関。回しているうちにドームが崩れてしまいます。

「ドームの形をキープしながら回す、というのも重要なポイントです。薬指がうまく回せない人は、固定が悪いのかもしれません。薬指の支えとなる両隣の小指と中指をしっかりと押し合う。そうすると、土台ができます。指を圧迫することで、支えようとする筋肉が働き、安定するのです。土台をしっかりとさせたうえで薬指を回す。このように心掛けると回しやすいかと思います」

アドバイスに従ってやってみると、幾分回しやすくなりました。繰り返すことで徐々にコツがつかめそうですね。小学校低学年ぐらいの子供の場合は、発達の関係で難しく感じるかもしれませんが、子供は適応力が高いので練習次第で進歩するといいます。そして先生がすすめるのが、お風呂で回すこと。お風呂では体が温まり、筋肉も柔らかくなっているため、滑らかに回せるらしいですよ!

 

応用編

基本に慣れてきたら、応用編。栗田先生によると指回しには2つの概念があり、目的に合わせて、回し方の使い分けが可能であるといいます。

ひとつは、巧緻性(たくみさ・器用さ)。これは互いの指を接触させずに、中指と薬指をどれだけ回せるかで調べることができます。巧緻性は、頭の回転の器用さ、上手な頭の使い方と関係していて、ここで重要なのはコントロールであり、速さは気にせず回数を増やすことに集中します。これを意識することで体調や頭脳の状態が整う効果が期待できるといいます。

試験前は、速く回すとGOOD!

もうひとつは、敏しょう性(速さ・スピード)。30秒間に何回回せるかで調べることができます。敏しょう性は頭の回転の速さと関係しており、これを求めるときは指同士が触れても、ドームが崩れても構わないといいます。崩れてしまったら、元に戻して再度チャレンジすればいいです。スピードの追求に徹するのみ(回数の目安は図を参照)。勉強やテスト前の「さあ、やるぞ!」というときは敏しょう性を重視するとよいそうですよ。

「巧緻性と敏しょう性とでは脳の違う部分を使うので、ターゲットをはっきりさせてやりましょう」

指回し体操は、知的能力を高める効果以外にも、自分の調子を知るうえでのセルフチェックにも応用できるといいます。調子が良いときは指がよく回り、悪いときは回らない。そのときの自分のコンディションが顕著にわかります。確かに、調子が悪いときに勉強をしてもはかどらず、効率が悪いです。

「指がよく回るときに勉強をすると、1日の時間を賢く使うという点でも役に立ちます」

栗田先生いわく、指回しは基本ルールがあるものの、実際は難しく考えずに、自由にやってよいのだといいます。絶対に目標回数に達しなければいけないということではなく、基本の30秒というのも「あくまで目安」と強調しています。

指が開きにくい人であれば、指の間を反対の手のこぶしで広げてみましょう。どうしても回すのが苦手であれば、片方の手の指を1本ずつ、反対の手を使って回し、感覚をつかんでからでもよいです。本人の快適さに合わせることで、体調の改善、感情や情緒を落ち着かせるメリットもあります。試験前でイライラしたり、緊張しているときに、ゆったりと椅子に座って回せれば、緊張状態をほぐすリラックス法にもなるのです。

「指回し体操は心と体、両方のウオーミングアップが短時間でできます。忙しい受験生にはおすすめですよ」

いろいろな効果が得られるという指回し体操。試験前の不安を取り除きたいとき、ふと思い出したときでもいい、指を回してみてはいかがですか。“ご利益”は、テストの点で確認してください。

 

 

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂

Co-nect神楽坂アクセスマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。
詳しくはこちら

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。
詳しくはこちら

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加