真冬のデスクワークには水が最強アイテム!?

寒い日が続いておりますが、1年の寒さのピークは1~2月ですからこれからもっと寒くなっていきます。

今回は、

「寒くなると怠りがちなこと」

について考えてみます。

寒くなってくると、健康上本来やっておくべき・やっておいたほうがいいことなのに、どんどんやらなくなってしまいがちなことの一つに

「水を飲むこと」があります。

日中に「水を飲むこと」が健康を維持する上で非常に重要なポイントになるのは、健康のことをちょっとでも気遣う人なら今や常識になっています。

 

たとえば、マメに水を飲むと

・心臓病など病気のリスクが低下する

・わずかな脱水症状(のどが渇いたレベル)で
 人間は疲れるが、その疲れが失せる

・肌が良くなる

・消化の働きを助ける

・老廃物を流す

などの効果があります。

 

しかし寒い季節になると、あまり汗もかきませんし、温かい飲み物が飲みたくなったりして、どうしても水を飲む頻度が落ちやすいです。

「他の飲み物を飲んで“水分”がとれてたらいいじゃん」と考える人も多いのですが、ではコーヒーやジュースを何杯も飲んでいたらいいのかといえば、コーヒーにはカフェインなども含まれ人によっては砂糖なども入れますし、ジュースにも糖分やその他いろいろ混合されているので、それで「水を飲む」ことは代用できないというのが、医師をはじめ多くの識者の意見です。

 

なにより、水を飲まないと「勉強の集中力」が低下することも判明しています。

水を飲んだら、勉強の集中力が高まったという実験結果もあります。

 

最近は図書館や自習室でも飲料水を飲めるところは多い(というか大半)ですし、カフェでもだいたい水は置いてあるか言えばもらえます(マックなどファストフードでも注文時に「お水ください」といえば大概もらえます)。もらえなければペットボトルで買えばいいだけ。

家で勉強する人は問題ありませんね。当然水道の水をそのまま飲むより、浄水器がある方がベター。

浄水器はこだわり出したらいくらでも高額なものはありますし、なんならウォーターサーバーまで行く方法もありますが、そこまでこだわらないならこれでも十分。

 

 

というわけで、この季節は寒くて水を飲みたい気持ちは
低下しがちですが、だからこそあえて「水を飲む」ことを他の季節より意識しておいてください!!

 

 

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂
Co-nect神楽坂アクセスマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。
詳しくはこちら

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。
詳しくはこちら

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加