,

【組織のランチで使える!】「食」を通じたコミュニケーション体験会レポート

今回は11月17日に実施させていただいた【組織のランチで使える!】「食」を通じたコミュニケーション体験会のレポートを書かせていただきます。
運動しながら仕事ができるワークスペースCo-nect(コネクト)で【組織のランチで使える!】「食」を通じたコミュニケーション体験会を実施させていただきました。
本イベントでは、「食べる」という行為そのものも消化運動ということで、神楽坂ランチがてらこのようなイベントに足をお運びいただけたらという想いで実施しております。

食べることと生きることのつながり

 

 

 

 

 

 

「食べる」という行為は、そもそも人間にとってどのような位置づけになるのか。
作家の吉村萬壱さんと若松英輔さんという二人が別々の観点から書かれた「生きていくうえで、かけがえのないこと」を読み解きながら食べることと生きることのつながりを読み解いていきます。
単なる食べるという行為には、栄養を摂取するという観点に加えて、生きていく責任やコミュニケーションという価値も付与されていることが書かれております。参加者の皆様も自分自身の感じたことを話していただきます。

心を満たす食べ物

 

 

 

 

 

 

 

食べることに喜びを感じない人は多いのではないでしょうか。仕組みの中で作業のように食べるようになっている方は多くいらっしゃると思います。
食べなくてはいけない。もったいないから、詰め込む。みたいな常識からの詰め込むという観点が染み付いているように思います。
仕事の昼休憩に食べるランチは作業になってしまっているという声はイベントの最中皆様から出ておりました。

実際に食べる時間も

本イベントでは実際に昼ごはんをみんなで食べる時間もあります。
今回はこんな素敵な食事が用意されました。

 

 

 

 

 

 

五味という言葉にもあるように
甘い・辛い・酸い・苦い・塩辛いの五種の味を今回は意識したレシピと発酵を意識した食事をご用意していただきました。

講師の紹介

今回のイベントは組織ふうどの代表である有賀さんにお越しいただきました。
組織ふうどオフィシャルサイト:http://soshikifood.com/

 

 

 

 

【プロフィール】 有賀圭(ありが・けい)
場づくり研究家 コーチ 食とコミュニケーションをライフワークとして、組織ふうど、阿吽コーチングで活動中。 短大卒業後、富士通株式会社に12年間勤務。社内でコーチを勤めた。退職後アボリジニ栄養調査ボランティアで渡豪。帰国後2003年よりコーチとして活動を開始。 野村総合研究所新規事業IDELEAにてエグゼクティブコーチングの実績多数。 富士通ファミリ会論文「個人の成長から始まるプロジェクトで生かすコーチング」執筆 野村総合研究所の社内での組織活性に7年間携わる。

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂
%e7%b5%8c%e8%b7%af

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。
詳しくはこちら

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。
詳しくはこちら

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加