どうする!?初めての確定申告


確定申告シーズン。皆様はもうされましたか?今回は確定申告を初めて行うという人向けの記事になります。

そもそも自分は確定申告を行う必要があるのか。

みんなが確定申告を行っているけれど、そもそも自分は確定申告をやる必要があるのかと思っているそこのあなた!
下記をご覧ください。確定申告を行う必要がある人について書かれています。

1.給与所得がある方

給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方
など

2.公的年金等に係る雑所得のみの方

公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある方は、確定申告が必要です。ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合において、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。
(注1)所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、所得税及び復興特別所得税の還付を受けるためには、確定申告書を提出する必要があります。
(注2)所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要ない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。
詳しくは、お住まいの市区町村の窓口にお尋ねください。

3.退職所得がある方

外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがある方は、確定申告書の提出が必要です。
また、退職所得以外の所得がある方は、1又は4を参照してください。

4.1~3以外の方

各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む。)から所得控除を差し引き、その金額(課税される所得金額)に所得税の税率を乗じて計算した所得税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告書の提出が必要です。

確定申告に必要なモノ

実際に確定申告に行こうと思っても手ぶらでいくわけには行きません。確定申告には、確定申告書のほか、申告内容に応じて、給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)、医療費の領収書等の必要書類を準備していく必要があります。

確定申告を行える場所

確定申告はe-Taxというどこでもパソコンから行う方法と直接税務署で行う方法の2種類がございます。直接税務署に行く場合は下記の場所での確定申告をお済まし下さい。

住民票がある自治体

確定申告を行う場所として定められているのは、原則として1月1日住民票にある自治体内の税務署となっています。住民票は実際に住んでいるところにあるのが原則だからです。本籍地とも関係ありません。

源泉徴収票に記載されている住所地を管轄する税務署

源泉徴収票を受け取っている人が、控除申請や副業収入の申告などで確定申告をする場合には、源泉徴収票に記載されている住所地が、原則、住民票のある現在の居住地のはずです。確定申告をする場合に源泉徴収票の提出も求められるため、同じ管轄の税務署で手続きを行います。

いつまでに確定申告に行けばいいか

上記で確定申告にいく必要があると分かった方は、2018年3月15日までに所定の税務署に確定申告に行って下さい。
また、確定申告の為の作業がまだ終わっていないという方はぜひコネクトに来て書類の作成をしていって下さい。

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512
住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂

%e7%b5%8c%e8%b7%af

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

無料体験・見学/有料体験のご予約はこちらから


 

 

 

 

あなたもCo-nect神楽坂で運動しながら働いてみませんか。是非一度、覗きに来てみて下さい。
詳しくはこちら

クレジットカードや交通系ICマネーもコネクト神楽坂でご安心してお使い下さい。

 

 

 

 

 

 

フィットネスクラブ併設型コンセプトカフェCo-nect神楽坂(コネクト)はクレジットカードや交通系ICマネーでの決済に対応しておりますので、ご安心してお越しください。
詳しくはこちら

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加