プラス10理論を取り入れるだけで健康に?

こんにちは、Co-nect運営事務局です。

普段、身体を動かすと言ってもどれくらいの強度と時間を取ればいいかイマイチ把握出来ないですよね。

そんな皆様の為に厚生労働省が指標を作ってくれていました。今回はそちらを参考にしていこうと思います!

 

メッツとは

「身体活動基準2013」では「身体活動(アクション)」を「運動(エクササイズ)」よりも重視しており、日常生活において身体活動(身体活動+運動)を少しでも増やすことを推奨しています。

また、身体活動の強度を「メッツ」、身体活動量を「メッツ」に実施時間(時)をかけた「メッツ・時」で示し、身体活動の種類ごとに、どのくらいの時間実施すれば健康づくりのための目標に達するかを自分で計算できるようにしています。

 

 

健康作りの為に目安

 

スクリーンショット 2017-05-14 0.18.04

出典:厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準2013」

 

身体活動は?

普通歩行(犬を連れて歩く位のスピード)が、3メッツの強度の身体活動になります。身体活動量の基準は、3メッツ以上の身体活動を1週間に23メッツ・時行うことです。具体的には、歩行またはそれと同等以上の強度で、毎日60分からだを動かすことが身体活動量の目安です。
3メッツ以上の生活活動の例
・普通歩行(3メッツ)
・掃除機掛け(3.3メッツ)
・階段を下る(3.5メッツ)
・階段を上る(4.0メッツ)など

運動は?

持久力や筋力といった体力の向上には、3メッツ以上の強度の運動が有効です。3メッツ以上の運動を1週間に4メッツ・時が運動の基準です。具体的には、息が弾み汗をかくようなスポーツや体力づくりを毎週60分行うことが相当します。
3メッツ以上の運動の例
・ボウリング(3.0メッツ)
・ゴルフ(3.5メッツ)
・全身を使ったビデオゲーム(3.8メッツ)
・卓球(4.0メッツ)など

まずは10分、増やしてみよう

今より1日10分多く活動すること(+10[プラス・テン])から始めましょう。

 

 

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512

住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂

%e7%b5%8c%e8%b7%af

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加

神楽坂、江戸川橋、飯田橋、新宿エリアでパーソナルトレーニングをお探しの方へ

Co-nect Personal Training