やっぱりデスクワーカーが抱える悩み第一位は〇〇だった。

IMG_9844

こんにちは、Co-nect 神楽坂運営事務局です。
Co-nectでは、1時間に一回コネクトタイムという運動の時間がやってきて、利用者の方に半強制的にトレーナーの指導のもと、運動を行ってもらうのですが、この一ヶ月間利用者の皆様にとある質問をさせて頂きました。

IMG_0432

 

 

 

 

 

 

 

すると驚くべき結果が…

ほぼ全てのデスクワーカーが「肩こり」を訴えていた

驚くべき調査結果ですが、トレーナーによる「どこか体の痛む部分はございますか?」に対する回答に対する87%の回答が「肩こり」だったのです。ほぼ全てのデスクワーカーが「肩こり」を訴えていました。

sholder

 

 

 

 

 

 

職場では座りっぱなしの仕事も多く、一日中パソコンとにらめっこすることも少なくない現代のデスクワーカーにとって肩こりは切っても切れない存在。人によっては慢性的な肩のこりに痛みが麻痺している人も少なくはないのではないでしょうか。

そもそも「肩こり」の原因とは

そもそも、なぜ肩がこるのでしょうか。マッサージや整体に通いつめても原因が分からないままでは、一時的に揉みほぐせてもまた痛みが体に現れてしまいます。

massage

 

 

 

 

 

 

 

原因を突き詰め、その解決をしていきましょう。

肩こりの原因は「目」にある

長時間のパソコンでの作業により、目に疲れがたまり、眼精疲労をもたらします。それによって血行が悪くなることで、首筋から肩にかけての筋肉が緊張した結果、肩こりが発生します。

mememe

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、一度パソコンの前に向き合うと中々立ち上がることができずに疲労がたまることもしばしばあります。その中でも簡単にできるデスクワーク時の肩こりになりにくい姿勢をご紹介します。

IMG_4561

 

 

 

 

 

 

 

  • イスは、床に足の裏全体がつく高さにします。
  • イスには深く座り、座面とひざ裏は指が入るほどのすき間ができるようにします。
  • 腕は、いすのひじかけか机の上で支えます。
  • デスクは、ディスプレイが水平視線よりやや下に置ける高さにします。
  • 目とディスプレイは40センチ以上距離を開けます。
  • キーボードは、ひじを90度以上にしても自然に手が届く位置に置きます。
  • 作業中は背筋を伸ばし、前かがみにならないように気をつけましょう。足を組んだり体をひねったりするなど、不自然な姿勢はやめましょう。

姿勢にも限界があります

正しい姿勢を続けたとしてもやはりそれには限界があります。長時間のお仕事を行う上で適度に運動を取り入れることが必要になってきます。
とはいえ、職場では他の人も仕事をしているなかで中々自分だけ中断をして運動を行うことはちょっと気が引けるという方にオススメなのがCo-nect神楽坂です。

写真 2017-01-04 9 18 56

 

 

 

 

 

 

 

Co-nect 神楽坂は運動と仕事を同時に行うことができるというコンセプトのもとつくられている新感覚の「はたらけるフィットネスクラブ」です。ここでならトレーナーが1時間に1回のペースで専門のトレーニングを行ってくれるので他人の目を気にすること無く実際にトレーニングを楽しむことができます。

Co-nect神楽坂への行き方はこちら

電話番号:03-5579-8512

住所:東京都新宿区西五軒町2-10 東松ビル2F Co-nect 神楽坂

%e7%b5%8c%e8%b7%af

 

 

 

 

 

 

 

→現在地からの徒歩での経路案内(Google Mapを見る)

SNSもやってます!是非友だち追加をお願いします!

LINE@で友達追加するとオトクなクーポンもあります! 

友だち追加

神楽坂、江戸川橋、飯田橋、新宿エリアでパーソナルトレーニングをお探しの方へ

Co-nect Personal Training